素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【SSR】Nuxt.jsで@nuxtjs/axiosを使って外部APIにリクエストを投げてレスポンスを取得・表示してみよう【Vue.js】

投稿日: 2019年7月19日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




Nuxt.jsならAPI呼び出しも簡単

前回の記事では、Nuxt.jsプロジェクトにTypeScriptを導入するところまで進めました。

今回は、Nuxt.js内部で外部APIへのリクエストを行って、そのレスポンスを画面に表示するところまでを作ってみようと思います。

手順

モジュールをインストール

まずは例の如くyarnコマンドでモジュールをインストールしましょう。

今回はNuxt.jsから公開されている@nuxtjs/axiosをインストールします。

axiosとは?

axios とは、様々なブラウザやNode.js環境で使う事の出来るプロミスベースのHttpクライアントです。

今時のフロントエンドでは、axiosを使ってHttpリクエストを行うのがデファクトとなっています。

Promise based HTTP client for the browser and node.jsaxios/axios: Promise based HTTP client for the browser and node.js

また、Nuxt.jsは今回インストールした@nuxtjs/axiosモジュールによって、よりNuxt.js内で使いやすくなっているので、基本的にはこちらを使う事になります。

nuxt.config.jsの編集

次に、インストールしたモジュールを利用する設定を追記します。

asyncDataの修正

次に、実際にaxiosを使ってAPIから値を取得する部分を記述してみましょう。

axiosをimportすることなく、インジェクションしたapp経由で簡単に利用することが出来ます。

ちなみに、今回はMockoonを使って以下のレスポンスを返すStubを用意してそちらにアクセスしようと思います。

確認

では、実際にhttp://localhost:3000/accounts/12345 へアクセスしてみましょう。

正常に外部APIへリクエストを投げて、レスポンスを表示出来ましたね♪

本日のおすすめ商品

終わりに

以上のように、Nuxt.jsであればaxiosを導入するのも一瞬でした。

基本的には、このように外部サーバーへのアクセスを行ってレスポンスを取り扱うことになると思うので、是非参考にしてみてください♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist