素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【JavaやRuby含めほとんどの言語に対応】Homebrewで「anyenv」をインストールしてhodenvを使ってバージョン管理をする方法まとめ【fish shellも対応】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




言語のバージョン管理の決定版

皆さんは言語のバージョン管理は行っていますか?

有名なのはpyenvnodenvなどですね。

しかし、各言語ごとにバージョン管理システムを落として管理するのはとてもめんどくさいと思います。

今回はほとんどの開発言語のバージョン管理を可能にしてくれるanyenvについてご紹介しようと思います。

anyenv

anyenvとはXXenv関連のモジュールをまとめて一限管理してくれるモジュールとなっています。

anyenv – All in one for **env
This is a simple wrapper for rbenv style environment managers. You don’t have to git clone or modify your shell profile for each **env anymore if you install anyenv.anyenv/anyenv: All in one for **env

こちらを使うと、anyenv経由でpyenvやnodenvを取扱う事が可能になるので、とても便利です。

インストール方法や使い方もとても簡単なので、ご紹介しようと思います。

手順

anyenvのインストール

まずはメインとなるanyenvをお馴染みHomebrewを使ってインストールしましょう。

環境変数の設定

インストールが完了したら環境変数にANYENV_ROOT=~/.anyenvを追加しておきましょう。

確認

init

この状態で以下のコマンドを実行すると、エラーが表示されます。

これは、anyenv用の作業ディレクトリが無いから、anyenv install --init初期化して!というメッセージなので言われた通りに実行しましょう。

確認

これで必要な準備が出来たのでもう一度コマンドを打ってみましょう。

正常に通りましたね♪
このリストが管理出来る各言語のようです。

ほとんど網羅していますね・・・!

nodenvのインストール

今回は試しにnodenvを使ってみようと思います。

確認

対象バージョンのインストール

現在インストール可能なバージョン一覧をみてみましょう。

ありすぎぃ!!!!

とりあえず無難に11系の最新版を落としておきましょう。

確認

バージョンの適用

グローバルの場合

マシン全体として共通のバージョンを設定したい場合はnodenv global {バージョン}コマンドで適用出来ます

確認

ローカルの場合

そのディレクトリ内でのみ反映したい場合はnodenv local {バージョン}コマンドで適用出来ます

すると以下のようなファイルがカレントディレクトリに作成されます。

確認

fish: Unknown command nodeが出る場合

fish shellを使っている方は以下をfish.configに追加する必要がありますので、ご注意です。

本日のおすすめ商品

終わりに

以上のように様々な言語のバージョン管理をanyenvで行う事が可能になりました。

今やバージョン管理はどの言語もマストで必要な作業なので、是非anyenvで一括管理してみてはいかがでしょうか♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist