素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【AWS CLI】Pythonでboto3ライブラリを使用する際の認証情報をprofileやACCESS_KEY/SECRET_KEYを指定して実行する方法【まとめ】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




profileを分けたい

PythonでAWS操作をしたい場合に、boto3ライブラリを使用すると特に意識せずに利用するとdefaultのプロファイルの認証情報が利用されます。

しかし、場合によっては、使用するプロファイルや認証情報を指定したいケースがあります。

もちろん、boto3では様々な方法で認証情報を指定することが可能なので今回はそちらをご紹介致します。

手順

前提

今回は~/.awsディレクトリ内にcredentialsconfigで認証情報が設定されていることとします。

profile指定

まずはprofileで指定する方法です。

その場合はboto3.sessionを利用して以下のように記述することで実現が可能です。

ACCESS_KEY/SECRET_KEY指定

ACCESS_KEYとSECRET_KEYを直接指定する方法でも以下のようにすることで可能です。

オススメの参考書

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

AWSをはじめよう ~AWSによる環境構築を1から10まで~ はじめようシリーズ

終わりに

以上のように簡単な方法ですが、忘れがちなので備忘録として残しました。

この記事が困っている方のお力になれれば幸いです♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist

お名前.comサイドバー

アーカイブ