素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【覚えておくべき】サブドメインを使ってより効率的なサイト運用をしてみよう!

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




サブドメインとは?

お名前ドットコムのおさらい

以前、お名前ドットコムを利用したドメインの作成の仕方については、以下の記事にてご紹介をしました。

しかし、いろいろ制作を進めていくと、サブドメインが欲しくなる場合があると思います。

サブドメイン?ルートドメイン?

そもそもサブドメインとは何なのか?
以前にお名前ドットコムで取得したドメインはルートドメインと呼ばれます。

簡単に説明すると、以下のようなイメージです。

ルートドメイン

ルートドメイン

  • https://blogenist.jp

サブドメイン

サブドメイン

  • https://www.blogenist.jp
  • https://sub.blogenist.jp

青色部分の差異があります。
サブドメインはルートドメインをさらに細かく分けて使いたい場合に用いられます。

サブドメイン?サブディレクトリ?

ルートドメインを利用しても複数サイトの運用は可能ですが、その場合はサブディレクトリによる運用となります。

例えば、blogenistのルートドメイン配下に、shop/book/foodという3つの関連する別のサイト(システム)があった場合に、サブディレクトリ/サブドメインそれぞれだと以下のような運用になると思われます。
※SEO観点では特に差は無いそうなので、この辺は好みになりますね

サブディレクトリ

サブディレクトリ

  • https://blogenist/shop/index.html
  • https://blogenist/book/index.html
  • https://blogenist/food/index.html

サブドメイン

サブドメイン

  • https://shop.blogenist/index.html
  • https://book.blogenist/index.html
  • https://food.blogenist/index.html

サブドメイン運用の例

Google様の例

例えば、天下のGoogle様なんかを例に挙げると、以下のようにサブドメインでの運用を行っています。
かなりマイクロサービス思考ですね。

大好きです。

ルートドメイン google.com https://www.google.com/にリダイレクト
サブドメイン www.google.com Google検索
docs.google.com GoogleDocs
mail.google.com Gmail
myaccount.google.com Googleアカウント
maps.google.com GoogleMap
play.google.com GooglePlay
news.google.com Googleアカウント
contacts.google.com Google連絡先
drive.google.com GoogleDrive
plus.google.com Google+
translate.google.com Google翻訳
photos.google.com Googleフォト
books.google.com Googleブックス
hangout.google.com Googleハングアウト
keep.google.com Googleキープ
classroom.google.com Googleクラスルーム
earth.google.com GoogleEarch

Amazon様の例

Amazon様もGoogleほどでは無いですが、サブドメインで様々なサービスを持っています。
また、階層化サブドメインを振ることでサービスを小分けにしているようです。

ルートドメイン amazon.com www.amazon.comにリダイレクト
サブドメイン www.amazon.com AmazonPrime
affiliate.amazon.com Amazonアフェリエイト
aws.amazon.com Amazon Web Service
console.aws.amazon.com AWS Console
us-east-1.console.aws.amazon.com AWS Console 米国東部(バージニア北部)
us-east-2.console.aws.amazon.com AWS Console 米国東部 (オハイオ)
us-west-1.console.aws.amazon.com AWS Console 米国西部 (北カリフォルニア)
us-west-2.console.aws.amazon.com AWS Console 米国西部 (オレゴン)
ca-central-1.console.aws.amazon.com AWS Console カナダ (中部)
eu-central-1.console.aws.amazon.com AWS Console 欧州 (フランクフルト)
eu-west-1.console.aws.amazon.com AWS Console 欧州 (アイルランド)
eu-west-2.console.aws.amazon.com AWS Console 欧州 (ロンドン)
eu-west-3.console.aws.amazon.com AWS Console EU (パリ)
ap-northeast-1.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (東京)
ap-northeast-2.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (ソウル)
ap-northeast-3.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (大阪: ローカル)
ap-southeast-1.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (シンガポール)
ap-southeast-2.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (シドニー)
ap-south-1.console.aws.amazon.com AWS Console アジアパシフィック (ムンバイ)
sa-east-1.console.aws.amazon.com AWS Console 南米 (サンパウロ)

終わりに

以上のように、ルートドメインだけではなく、サブドメインを使った運用を考えた方が将来性のあるドメイン運用になると筆者は思っております。
サブディレクトリ運用をしている大手サービスはちょっと思い浮かびませんでした。

サブドメインの追加自体は無料で出来る場合がほとんどなので、これからドメインを取得する方はもちろん、すでにルートドメインで運用をしている方もこのタイミングで運用方針を改めて見てはいかがでしょうか?

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist