素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【SpringBoot2】リクエストの処理時間をログに出力する方法【AbstractRequestLoggingFilter】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




リクエストの所要時間をログに出そう

前回、SpringBoot2のCommonsRequestLoggingFilterと言う既存Filterを用いたリクエスト情報のログ出力についてご紹介しました。

今回は、さらにもう一手間加え、リクエスト処理を完了するまでの時間をログに追加する方法をご紹介致します。

手順

AbstractRequestLoggingFilterの継承クラスを実装

まずは、AbstractRequestLoggingFilter継承したクラスを用意しましょう。

Beanの追加

次に、前回利用した@Configurationがついたクラスを修正します。

これで準備は完了です。

確認

では、実際にリクエストを投げて確認してみましょう。

正常にlatencyミリ秒が出力されるようになりましたね♪

本日のおすすめ商品

サントリー烏龍茶

常備していて損はない定番ドリンク!

日清 カップヌードル カレー

カレー味のカップ麺のパイオニア!

終わりに

以上のように、用意されているクラスをカスタマイズするだけで、簡単に経過時間をログに出す事が出来ました。

パフォーマンス改善やチューニング作業などにはこの情報はとても重要になる為、出力するようにしておくと幸せになれると思いますので、是非やってみてください。♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist