素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【RequestBody/RequestHeader】SpringBoot2でリクエスト情報をログに出力する方法【CommonsRequestLoggingFilter】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




リクエストログを出力しよう

サーバーのログ解析をする場合、どんなリクエストが飛んできた際のログなのか?という情報が重要になってきます。

自前でインターセプターなどを使って実装しても良いのですが、SpringBootを使っていれば簡単に実現が可能です。

手順

CommonsRequestLoggingFilterをBean登録

やり方は簡単です。

まずは@Configurationがついているコンフィグクラスにて、以下のように@Bean定義を行いましょう。

次に、application.ymlにて、以下の設定を追加しましょう。

CommonsRequestLoggingFilterでは、DEBUGレベルで出力しているので、出力対象にする必要があります。

確認

GETの場合

では、実際にGETリクエストを投げてみましょう。

POSTの場合

次に、POSTリクエストを投げてみましょう。

正常にリクエスト内容が出力されていますね♪

ちなみに、Payload(リクエストボディ)はBefore RequestではなくAfter Requestのみ出力されるので気をつけてください。

本日のおすすめ商品

サントリー烏龍茶 2L×9本

日清 カップヌードル 5種 各4個セット

終わりに

以上のように、簡単にリクエスト情報をログに出力する事が出来ました。

運用が始まってからでは遅いので、初期開発時に忘れないように設定しておきましょう。

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist