素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【SEO】Sitemapを出力してくれるWordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール方法

投稿日: 2018年5月11日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




sitemapの必要性

自分で作るのは大変

WordPressでサイト運営をしている場合、記事やページを追加するごとにSEO対策のためにsitemap更新する必要がありますが、この作業を毎回自分で行うのは非常に大変です。

URLを間違えたりsitemapに追加し忘れたりすると検索エンジンがページを正常に見つけてくれないのでせっかく作ったコンテンツが無駄になってしまします。

WordPressならプラグインを使おう

しかし、Wordpressであればプラグインを使うことでsitemapを自動で作成してくれます。

これにより記述ミス追加漏れも無くなり、SEO対策も最適化されるので非常に便利です。

Google XML Sitemaps

sitemapを自動生成してくれるプラグインは多くの種類が存在しています。

今回はその中の「Google XML Sitemaps」をご紹介致します。

こちらのプラグインの特徴は以下の通りです。

Point

  • Googleの規定に準拠したsitemapを自動生成
  • コンテンツの生成/更新時に自動でsitemapを生成/更新
  • sitemapの生成/更新後、自動で検索エンジンに通知
  • sitemapに追加/除外するコンテンツの指定
  • コンテンツの更新頻度/優先順位の指定
  • 管理画面から簡単に設定可能

このように導入をしてしまえばあとは自動でsitemapの保守を行ってくれるのでとても便利です♪

インストールから導入までもとても便利なのでご紹介します。

手順

プラグインのインストール

まずはプラグインをインストールしましょう。
管理画面左部メニューからプラグイン>新規追加を選択し、検索ボックスGoogle XML Sitemapsと入力しましょう。
すると以下のプラグインがヒットするので、今すぐインストールボタンをクリックしましょう。

そして、インストールが完了したら有効化ボタンをクリックしてプラグインを有効にします。

導入手順はたったこれだけです♪

確認

では、ブラウザからhttp://{WordpressURL}/sitemap.xmlにアクセスしてみてください。

正常にsitemap.xmlが生成されているようですね♪

設定も基本的には初期値のままでも良いので、sitemapのディティールに拘りたい方はいろいろ設定を変更してみると良いでしょう。

終わりに

以上のように数クリックでWordpressサイトのサイトマップが生成されるようになりました。

プラグインをインストールして有効化するだけで、以降は何もsitemapの事を考えなくて良くなるので、一番最初に導入しておくと良いでしょう♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist