素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【ユニットテスト】JUnitのJaCoCoの出力対象パッケージを指定する方法【PlayFramework2.7系】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




不要なパッケージのガバレッジはJaCoCoで出力したくない

前回、JaCoCoのsbtプラグインを利用してJUnitテストのガバレッジを出力する方法をご紹介しました。

しかし、デフォルトの設定だとコンパイル時に自動生成されたviewsパッケージやrouteパッケージのクラスも対象になってしまい、ボリュームが肥大化してしまいがちです。

今回は設定によって、JaCoCoのガバレッジ対象からパッケージ単位で除外する方法をご紹介しようと思います。

手順

build.sbtに追記

除外する方法は、build.sbtに以下を追記するだけでOKです。

今回は自動生成されるviewsパッケージとrouteパッケージ、さらにcontroller配下のjavascriptパッケージを除外してみようと思います。

設定はたったこれだけです。

確認

では実際に動かしてみましょう。

正常に除外されましたね♪

本日のオススメ商品

終わりに

以上のように簡単に出力対象パッケージを制御する事が出来ました♪

全体ガバレッジを100%に近づけるためには不要な移動生成パッケージを除外する必要があるので、ぜひ試してみてください。

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist