素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

ガジェット

【旅行に持ってくならコレ】携帯性が抜群の三脚「Velbon ultrek(ウルトレック) 45」を買ってみた【夜景撮りに最適】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




携帯性の高い三脚を発見

荷物が多くなりがち

旅行に出かけて写真を撮る方は、三脚などを使ってカメラを固定した上で写真を撮りたいという方が多いと思います。
夜景や風景を撮りたいなら必須ですよね。

しかし、三脚はかさばってしまうのでついつい大荷物になってしまいます。
重さもそれなりにあるので、疲れも早く溜まってしまいますよねorz

持ち運びやすさに特化した三脚メーカー

そんな人のために、携帯性に特化した三脚を販売しているメーカーがVelbonです。
Velbonは三脚・一脚・雲台・クイックシュー・アクセサリーなどの幅広いカメラアクセサリを販売しています。
その中でも三脚については様々なタイプのものを取り扱っているので、使っている方も多いのではないでしょうか?

ベルボン(VELBON)は日本の三脚専業メーカーとして60年の歴史があり、他にも一脚や雲台、クイックシュー、豊富なカメラアクセサリーを製造しています。写真を始めた皆さんに活用いただける三脚活用コンテンツ「いい写真、撮ろう」もご用意しています。

驚異的な携帯性のウルトレックシリーズ

その中でも、携帯性が一番高いのがUltrek/UT(ウルトレック)シリーズです。
脚を180度反転して折りたたむことで、驚異的な小型高性能を誇ります。

今回はその中のUT-45モデルを購入してみたのでご紹介します。

商品

Velbon 三脚 ULTREK UT-45 ウルトラロック 3Way雲台

最小コンパクトモデルはハンドル付きとハンドル無しの2種類があります。
筆者は使い勝手を考えてハンドル付きを購入しましたが、コンパクトさを追い求める方はハンドル無しの方を購入すると良いでしょう。

特徴

脚を反転収納

脚を180度反転して折りたたみ、専用雲台を脚の間に収納することで、従来の三脚ではありえなかった小型高性能を実現。

驚異の高伸縮比

脚の反転収納とベルボンのオリジナル脚技術により、伸縮比は驚きの約5.4倍に。全高時はアイレベルまでしっかり届き、収納時はカメラバッグやリュック等にも入れられる「省スペース設計」です。

専用設計によるコンパクト化

雲台は、脚を反転して折りたたむ「UTシリーズ」のために専用設計されており、収納時は3本の脚の間にスッポリと収まります。

1ストップ1ハンドル雲台

ハンドル棒を回すと、パン・ティルトの両方が同時に可動・固定できる「1ストップ式」雲台。動きのある被写体にも対応できます。

クイックシュー機構

カメラの着脱がワンタッチ。カメラネジを何度も回して取り付けるわずらわしさから解放されます。複数のカメラを使う場合や、カメラとビデオカメラを両方使う場合などにも大変便利です。

カメラネジつまみ

シュープレートにはカメラ取付用のネジつまみがあるので、簡単にしっかりとカメラに装着できます。取り付けにコイン等は必要ありません。

シュープレートは縦横両対応

シュープレートはカメラやレンズ座の形状に合わせて、縦・横どちら向きでも取り付けることができます。

シュー固定レバーのスタンバイ機構

シュープレート取付時に固定レバーが開放位置で維持される、スタンバイ機構を搭載しています。シュープレート取付時の誤操作を防ぎ、スムーズで確実な取り付けが可能です。

2Way水準器

左右+上下方向の水平が確認できる、2Wayタイプの水準器を標準装備。さらに縦位置用(90度)の水準器も付いており、正確な構図による作品撮りをサポートします。

左右両サイドティルト

カメラ台は左右どちらにも90度傾けることが可能です。使いやすい方向でご使用下さい。

雲台は取り外し可能

雲台は他の別売雲台に交換可能です。
※雲台取付ネジ=UNC1/4(細ネジ)
※他の雲台では、反転させた脚を最後までたたむことはできなくなります。

軽量金属マグネシウム

雲台や三脚ボディに使われている軽量金属マグネシウムは比重が1.7で、アルミの2/3、鉄の1/4以下と実用金属中もっとも軽く、比強度や寸法安定度、振動吸収性も優れています。

優れた操作性

ボディ中央の「ロータリーハブ」を持ち上げて回すと、3本の脚が反転可能な状態になります。後は開く(たたむ)だけでOK。脚ごとに反転ノブを操作する必要がないので、セッティングも手早く簡単です。

エレベータースライド

エレベーターはロックナットを回して緩めると伸ばすことができます。目の前の障害物が構図の邪魔になる場合は、エレベーターを試みて下さい。

三段開脚

開脚角度はノブをずらすと、各々の脚で自由に設定できます(三段階)。不整地など設置状況に応じて変更して下さい。

最低高は約35cm

開脚調整ノブをずらしフル開脚すると、最低高は約35cmとなります。
※UTシリーズは高伸縮比を重視したユニークな構造のため、エレベーターを覆う「ガイドパイプ」は縮みません。

ダイレクトコンタクトパイプ

特殊な断面形状をした上下の脚パイプをひねることで、パイプ同士が接して強く固定されるベルボン独自の脚パイプ。レバー等の余計な部品が無いため伸縮比が非常に高く、関節部が強いことが特長です。

ウルトラロック

脚先端を握ってひねるだけで、全段を一気に固定・解除することができ、驚くほどスピーディーなセッティングが可能な、ダイレクトコンタクトパイプならではの脚ロック方法。

調整用グリップ

脚伸縮は、2段目の調整用グリップを握って回すことで、簡単に調整できます。
※調整は脚の任意の段で可能です。

専用ケース付属

三脚には専用のキャリングケースが付属しています。混雑した電車での移動や三脚の保管に便利です。使わない時は小さくたためる薄手タイプ。

ラインナップ

ハンドル雲台装備のUTシリーズは2機種のラインナップ。「驚異の高伸縮比」はどちらの機種でも備えていますので、使用機材の大きさ・重さでお選び下さい。

開封の儀

開封動画

外観

外観はこんな感じです。
結構大きめ。

付属品

さて、中身を見ていきましょう。
パカッ。

中身は専用ケースに張った三脚が入っています。

さらにその中には、本体と取扱説明書が入っています。

三脚はこんな感じです。
シンプルな作りですが、細部までしっかりしています!




2Way水準器も良いですな♪

サイズ感はこんな感じ。

皆さんおなじみのおいしい牛乳と比べても三脚としてはとても携帯性の高いサイズ感だということが分かりますね。

組み立て

では、実際に組み立ててみましょう。
組み立てもとても簡単で初めてでも5分あれば組み立てることが出来ました。

まずは足を開いて、


パイプを指定の方向に回すことでロックが外れ伸縮可能になります。



見ての通り、めちゃくちゃ伸びます!!!

次にハンドルを回して雲台を調整しましょう。


エレベーター部分も同じように回すことで調整が可能になります。


雲台も自由に調整可能
それぞれの部位の調整を行う音でほぼすべての方向にセッティングが可能になるので、かなり自由度が高いです!


シュープレートはレバーを手前に引くことで簡単に取り外すことが可能です。


シュープレートの裏はつまみがあるので、コインなどを使わなくても締めることが可能です。



シュープレートを再度取り付ける際は、押し付けるだけで勝手にロックがかかります。
これ、地味にすごく便利です!!


伸ばしきるとこんな感じですね。
最大では157cmまで高さが出ます。

試し撮り

適当に試し撮りをしてみました。

三脚を使えばシャッタースピードを下げて、夜景が綺麗に撮れます。
筆者も夜景を撮るのが目的で買いました♪



しかし、難しい。。。
精進します。orz

終わりに

サイズ的にも旅行カバンに入れやすいので出先での撮影に向いている三脚だと思いました。

まだ携帯用の三脚を持っていない方は是非購入してみてはいかがでしょうか♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

ガジェット, , , ,

blogenist

Author: blogenist

お名前.comサイドバー