素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

ガジェット

【真上視点を実現】自宅で真俯瞰撮影するために必要な機材を一通り買ってみた【開封動画には必須】

投稿日: 2018年6月30日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




開封動画をやってみたくなった

筆者は仕事柄、いろいろなパソコンパーツやカメラ機材を買うのですが、せっかくなら開封動画レビュー動画をYouTubeにあげてみたいなー、と思うようになりました。

写真より読者に伝わりやすいでしょうし、YouTubeの広告収入がどれくらい頑張れば発生するのか?と言う興味もあったので。

そこで、YouTubeの開封動画をいろいろ参考に見てみたのですが、基本的には真俯瞰撮影で投稿している方がほとんどでした。

真俯瞰撮影?

What’s??

真俯瞰(まふかん)撮影とは、真上から見下ろしたアングルでの撮影の事を指し、開封動画や料理動画などの手元の動きをより繊細に撮影することが出来る手法のことです。

機材を使わないと難しい

この真俯瞰撮影ですが、普通の三脚等でも一応撮影することは可能ではありますが準備やセッティングが大変です。
実際に筆者も手持ちの三脚で試してみましたが、角度やアングル、被写体を映像におさめるのが大変で苦戦しました。笑

そんな中、真俯瞰撮影を手軽に行うことを可能にするカメラ機材を見つけたので今回まとめて購入してみました。

購入物

Velbon 三脚アクセサリー クランプキットII

まずは、Velbon 三脚アクセサリー クランプキットIIです

こちらは、机などにポールを固定するための器具になります。
こちらを利用することで垂直方向の調整が可能になります。

SLIK 雲台アクセサリー スライディングアーム SLARM2

次は、SLIK 雲台アクセサリー スライディングアーム SLARM2です。

こちらは、水平方向への調整を可能にしてくれます。
先ほどの器具と組み合わせることでかなり自由度の高い調整が可能になります。

自由雲台 Sinvitron ボールヘッド

次は、自由雲台 Sinvitron ボールヘッドです。

こちらは取り付けたカメラのアングルを360度調整が可能になります。
先ほどの器具と合わせることで調整力がMAXになります。笑

山善(YAMAZEN) テーブル ミニ 折りたたみ式

今回は、作業用のミニテーブルも買ってみました。

パソコンデスク等がある方は特に購入する必要は無いとは思います。
ただ、折りたたみ可能でちょうど良いサイズ感なのであっても困らないアイテムだと思います。

セッティング

テーブルにクランプキットを取り付け

では、実際に取り付けていきましょう。

まずはクランプキットです。
クランプキットはテーブル板にかませる形で取り付けを行います。

クランプキットの上部には、雲台取付ネジがついています。

クランプキットにスライディングアームを取り付け

次にスライディングアームです。
こちらはクランプキットの雲台取付ネジに取り付けを行います。

こちらも、カメラ取り付け側には雲台取付ネジがついています。

反対側にはフックがあるので、カメラの重さに合わせて調整をすることが可能です。
※重りは付属されていません

スライディングアームに自由雲台を取り付け

次は自由雲台です。
こちらはスライディングアームの雲台取付ネジに取り付けます。

クイックシューは簡単に取り外しが可能で、つまみのあるのでコイン等を用いる必要はありません。

自由雲台にカメラを取り付け

次はカメラです。
こちらはクイックシュー経由で自由雲台に取り付けます。
こんな感じ!!

おー。いいですね♪

終わりに

これで開封動画を撮影する準備が出来ました。

少しずつ開封動画等をアップしていこうと思いますので宜しかったらそちらも見てみてくださいね♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

ガジェット, , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist