素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【文字化け対策】Zsh等でプロンプトの表示をカスタマイズしてる際にHyperで発生する文字化けの修正方法【Source Code Pro for Powerline】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




文字化けが発生

先日、カスタマイズ性の高いElectron製ターミナルアプリの「Hyper」をご紹介しました。

その中で、筆者のようなZshpreztoを使ってプロンプトの表示をカスタマイズしている際に文字化けが発生する可能性があります。

筆者の場合はカレントディレクトリ.gitがあるファイルの場合はブランチ名や差分有無を表示するようにしています。

左はHyper、右はiTerm2です。
同じZsh(+prezto)の設定を読み込んでいるのになぜHyperだけ文字化けが発生するのでしょうか?

アプリの設定が原因

原因は、アプリごとで使用するフォントの設定の差異になります。

おそらく、iTerm2でZsh(+prezto)の設定をした際に環境設定から使用するフォントを指定したと思います。
こんな感じ。

同じようにHyperでも使用するフォントの設定は可能ですが、デフォルトだと以下のようになっています。

なので、ここに使用するフォントを追加すれば良いです。
今回で言うとSource Code Pro for Powerlineですね。
追加する際の注意点は、先頭に追加する事と、フォント名にスペースを含む場合はダブルクォーテーション(“”)で括る事ですね。
こんな感じ

確認

それでは実際にアプリを再起動してみましょう。
※Hyperは.hyper.jsが変更されると自動で再読み込みして反映するが念のため

無事に、文字化けする事なく指定したフォントが適用されるようになりましたね♪

終わりに

以上のように、原因さえわかればすぐに直す事が可能です。

同じ悩みでお困りの方はお試しください♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist