素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【SEO対策】WordPressの管理画面に記事の最終更新日時を表示してみよう【カスタマイズ】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




更新日時の必要性

WordPressでは自動でセットされる

WordPressで記事を作成していると、記事に対して投稿日時更新日時が登録されます。

もちろん、投稿した時点では投稿日時と更新日時は同じ日付が登録されますが、後日記事を修正することで更新日時だけが更新されていきます。

SEO観点で重要

この記事の更新日時ですが、SEO観点では非常に有効な情報として認識されます。

コンテンツ量の多い記事はそれだけで価値のあるページとして判断されます。

しかし、いくらコンテンツ量が多くても何年も前に書かれた記事だと古い情報となってしまうので、それだけで価値が下がってしまいます。

そこで、記事の更新日時を入れることで、いつ書かれた記事なのか?ということを検索エンジン側に伝えることが可能になります。

そして、数年も前に書いた記事でも定期的に更新することで記事の鮮度を保ち、長く価値のあるコンテンツとして保ち続けることが出来ます。

この考え方はSEO対策としてとても重要です。

WordPressの管理画面では更新日時が確認出来ない

では、定期的に記事を更新して鮮度を保てば良いのですが、WordPressの管理画面の投稿一覧では、日付という投稿日時を表示する項目は用意されていますが、更新日時表示されていません。
毎回、詳細画面やプレビューを開いて確認するのはとても手間がかかり無駄な時間となってしまいます。

カスタマイズで項目追加可能

しかし、そこはWordPress
カスタマイズ性が特徴のCMSですので、もちろんカスタマイズをすることで更新日時を投稿一覧に追加することが出来ます。

今回は管理画面の投稿一覧に更新日時を追加する方法をご紹介致します。

手順

作業の前に

今回の作業はfunctions.phpを修正します。
間違えたコードで保存するとWordPressが動かなくなってしまう事があるので、バックアップの上作業は自己責任でお願いします。

functions.phpに追記

今回はこちらの記事を参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

追加の仕方はとても簡単です。
functions.phpの末尾に以下のコードを追加してください。

たったこれだけです。

確認

では、確認してみましょう。

正常に最終更新日時項目が追加され、さらにソートも出来るようになりました♪

終わりに

これで、簡単に最終更新日時が古いものを定期的に更新して、過去に投稿したコンテンツの鮮度を保ちやすくなりました。

新しい情報ほどインターネット上では重宝されるので、執筆してからのメンテナンスも定期的に行うように心がけましょう♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist