素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

投稿日: 2018年4月9日
最終更新日:

【プログラミング備忘録】Djangoのテンプレートでの配列操作(ループ/件数取得)について

YouTube

スポンサーリンク

336×280




Templateでの配列操作

ループ処理

サーバーロジックで配列をレスポンスとして返した場合、テンプレート側でリスト表示したい事があると思います。

その場合は以下のように記述する事で配列をループ操作する事が可能になります。

配列の要素数

レスポンスに含まれる配列の要素数を取得したいケースもあると思います。
その場合、以下のようにlen関数を使って取得しがちです。


しかし、Djangoではエラーになってしまいます。

len関数はTemplate側では定義されていないので使う事が出来ません。

正しくは以下のように「{配列}|(パイプ)length」を利用して取得します。
AngulerJSのフィルターみたいな感じになりますね。


無事に表示されましたね。

オススメの参考書

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , ,

blogenist

Author: blogenist

関連記事

YouTube

お名前.comサイドバー