素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【mac】Go言語の複数バージョンを管理する「goenv」のインストール方法【Homebrew】

投稿日: 2018年1月18日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




複数バージョンの共存の必要性

前回の記事にて、go言語の環境構築についてご紹介しました。

もちろん、そちらの手順にて問題はありませんが、場合によっては複数のGo言語のバージョンを使いたい!というケースもありえます。

例えば、xxx案件の開発は1.9.0を使いたいが、yyy案件の開発は1.8.5を使たい、
などなど。

そうなると、前回の記事だと毎回HomebrewでインストールしたGoをアンインストールをしてからバージョン指定をしてインストールし直す必要が出てきます。

goenv

そんな時に便利なのが、goenvです。

こちらはGo言語の複数バージョンを管理し、簡単に切り替えることが出来ます。

一度インストールすれば良いので、今回は先日構築したGo言語を一度削除し、再びHomebrewを使ってgoenvを使えるように構築し直してみましょう。

手順

前回の環境を削除

まずは以下のコマンドで前回の記事でインストールしたGo言語をアンインストールします。


正常にアンインストール出来ました。

goenvのインストール

次に以下のコマンドでgoenvをインストールします。

Go言語のインストール

この状態ではまだGo言語自体はインストール出来ていないのでインストールします。
まずは以下のコマンドでインストール可能なバージョン一覧を見てみましょう。

すると、インストール可能なバージョンがずらーっと表示されます。笑
今回は1.8.5をインストールしてみるので、以下のコマンドを実行してください。

念のため以下のコマンドでインストールが出来たか確認してみます。


正常にインストール出来ていますね。

利用するバージョンの指定

次に実際に使用するバージョンを指定します。

以下のコマンドを実行してください。

正しく設定されたかの確認は以下のコマンドで行えます。



正常に設定されています。

環境変数パスの追加

この状態だとまだgo言語は使えません。

なので、お使いのシェルprofileを編集する必要があります。
今回はzshを使用しているので、~/.zprofile以下を追記します

編集が終わったら、以下のコマンドで反映します。

確認

正常にGo言語が使える状態になったか確認してみましょう。
以下のコマンドを実行してください。



正常にインストール出来ました。

バージョンを切り替えてみる

試しにバージョンを1.8.5から1.9.0に切り替えてみましょう。
以下のコマンドを順番に実行してください。



正常に切り替わっていますね。

特定のバージョンをアンインストールしたい場合

以下のコマンドで可能です。

あとがき

今回もHomebrewを利用してgoenvをインストールし、複数のGo言語の共存を可能にしてみました。

今後のことも考え、あらかじめ複数バージョンを使えるような環境にしておくことであとあと困らないので、是非goenvを利用しましょう♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , ,

blogenist

Author: blogenist