素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【python】さくらのレンタルサーバーでpipを使えるようにする方法

投稿日: 2018年1月7日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




pipとは?

Pythonのパッケージ(ライブラリ/モジュール)をインストール・管理するためのパッケージ管理システムのことです。
Pythonは人工知能機械学習で最近注目されている言語です。

今回はさくらのレンタルサーバーにてpipコマンドを使えるようにするまでの方法をご紹介します。

手順

前提

作業を進める前に、以下のコマンドでさくらサーバーにインストールされているPythonのバージョンを確認しましょう。



今回は2.7.6が標準でインストールされていたのでこのまま作業を進めます。

python用のディレクトリの作成

まずは、以下のコマンドでディレクトリを作成します。

pipのインストール

次に、以下のコマンドでpipをインストールします。


そうすると、以下のようにpipのインストールが正常に完了します。

パスの追加

インストールしたpipを使えるようにパスを通します。
.bashrcの最終行に以下を追記してください。

編集を反映させるために以下のコマンドも実行してください。

確認

ここまでで、pipコマンドが使えるようになっているはずなので、以下のコマンドで確認してみましょう。

seleniumのインストール

試しに、以下のコマンドでseleniumをインストールして見てください。
※install-optionを指定しないと/usr/local/binにインストールしようとしてPermission deniedが発生してしまいます


正常にインストール出来ましたね。
以下のコマンドでも確認出来ます。


これでpipの利用環境の準備は完了です。

あとがき

このように、さくらのレンタルサーバーでもpipを使うことは可能です。

ただ、さくらのレンタルサーバーでは管理者権限は無いので、 sudoコマンドは使えません。

簡単なブログスクリプト程度なら問題ありませんが、Webスクレイピング等をする場合には環境構築にsudo権限を使う必要が出てくるので、素直にさくらのVPSを契約し直す方が良いでしょう。

次回はさくらのVPSの契約方法についてご紹介したいと思います♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , ,

blogenist

Author: blogenist