素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【Windows10】アプリ自動導入&管理ツールの「Scoop」がChocolateyを超えていた件【Homebrew】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




Windows版Homebrew

皆さんは管理ツールを使っていますでしょうか?

MacであればHomebrewがあります

Windowsには長らく同じようなものがありませんでしたが、Chocolateyというパッケージ管理ツールが登場し、Windowsユーザーを喜ばせました。

今回は、さらにChocolateyより使いやすくHomebrewライクだと噂のScoopを使ってみましたので、インストール方法をご紹介しようと思います♪


A command-line installer for WindowsScoop

手順

有効化

まずはWindows10でスクリプトファイルの実行ポリシーを変更しましょう。
以下のコマンドを実行してください。

このコマンドは、インターネットから取得したスクリプトを利用出来るようにするコマンドです。

実行ログは特に出ないので出力がなくても気にしなくてOKです。

次に、Scoopをダウンロードしてきましょう。

取得には、WindowsのPowerShellに搭載されているiwrコマンドを利用します。

これでScoopのインストールは完了です。

Gitコマンドのインストール

Scoopは内部的にGitコマンドを利用しているらしいので、このまま実行しようとしても以下のようなエラーが出力されると思います。

なので、まずはScoopを使ってgitをインストールしてみましょう。

これでgitのインストールが完了しましたね。

Scoopのヘルプオプションで使えるコマンドの一覧が確認出来ます。

VSCodeをインストール

では、試しにVSCodeをインストールしてみましょう。

まずはsearchコマンドでVSCodeが存在するか確認してみます。

むむ、それっぽいものがありませんね。

試しにinstallしようとしてもやはり存在しないと言われてしまいます。

extrasバケットを追加

どうやらScoopはリポジトリのようなバケットの概念があり、デフォルトだとmainバケットしか参照しないので、主にGUIを管理しているextrasというバケットを追加する必要があるようです。

試しに現在参照しているバケットを確認してみましょう。

確かにmainバケットしか登録されていませんね。

では、以下のコマンドでextrasバケットを追加してみましょう。

確認

以下のコマンドで再度バケット一覧を確認です。

無事に追加されていますね♪

searchコマンドにもヒットするようになりました。

では、再度インストールを試してみましょう。

無事にVSCodeのインストールが完了しました。

インストールしたツールを一覧表示するlistコマンドでも念のため確認です。

こちらも問題なく追加されていますね♪

これで、VSCodeを利用する準備が出来ました。

コマンドだけでGUIアプリの登録を出来るのはやはり便利ですね♪

アンインストール方法

では、次はVSCodeをアンインストールしてみましょう。

アンインストールもとても簡単で、scoop uninstall {名称}で簡単に行えます。

これでVSCodeのアンインストールが完了しました。

これはHomebrewの代わりになりうるぞ!

本日のオススメ商品

終わりに

以上のようにChocorateyを超える管理ツールでしたね。

Windowsユーザーであれば、是非ともオススメなので是非試してみてはいかがでしょうか♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist