素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【Mac/Windowsおすすめエディター】AtomよりサクサクのVisual Studio Codeのインストール方法【使い方】

投稿日: 2018年3月8日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




Visual Studio Code

Visual Studio Code とは、Microsoftが開発したオープンソーステキストエディタです。

2015年に公開され、まだ新しい部類のテキストエディターですが、多機能で使いやすいため多くのエンジニアやデザイナーが利用されています。
同じようなテキストエディタとして使われているのはAtomVimが有名です。

ちなみに、Visual Studioという名称のMicrosoft製IDEがありますが、別物と考えてもらって良いでしょう。

今回はこちらの環境構築についてご紹介していきます。

手順

前提

  • mac環境
  • homebrew導入済み

インストール

以下のコマンドでhomebrew caskから、Visual Studio Codeをインストールしましょう。


起動確認

Visual Studio Codeを起動してみましょう。

正常に起動出来ましたね。
次に各種設定していきましょう。

ターミナルから起動出来るようにする

まずはShift+Cmd+P検索ボックスを起動し、>Shell Command: Installと入力し、ヒットしたメニューをクリックします。

クリックすると以下のようなダイアログが表示されます。

これで、ターミナルから以下のコマンド指定したディレクトリをVisual Studio Codeで起動することが可能になりました。

ユーザー設定

次にエディター自体の設定をしていきます。

Visual Studio Codeは設定をsettings.jsonというファイルに記述して管理していきます。
ショートカットのCtrl + ,を実行してください。

そうするとユーザー設定のタブが表示されます。

設定自体はここにJsonの形式でどんどん追記していき、ファイルを保存すれば即時反映されます。
設定可能な項目はコチラを参照ください。

今回は以下のように最低限の設定してみました。

あとがき

インストールやユーザー設定も非常に簡単に指定することが出来ます。

個人的にはAtomより軽いイメージなので、サクッとプログラミングをするにはとてもオススメなので、是非インストールして見てください♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist

お名前.comサイドバー

アーカイブ