素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【CC2017版】AfterEffectsの動画をH.264(mp4)形式で書き出す方法

投稿日: 2017年11月29日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




CCではレンダリング時にH.264(mp4)形式が不可能に

H.264(mp4)形式とは?

H.264(mp4)形式とは、高画質かつ低サイズの動画ファイルを作成する際に使用されるコーデックです。
画質を落とさずに容量を抑えることが出来るので、動画ファイルをそのままUSBメモリーEメール等で受け渡しする際に向いてます。

ただ、高圧縮ファイルのためレンダリング時/再生時ともにそれなりの負荷がかかるのでスペックが低いPCやスマートフォンではうまく再生出来ない可能性があります。
※YoutubeやVimeoへのアップロードは可能です。

CSとCCでの書き出し方法の変更

筆者は動画作成依頼を受けることが多く、その際にはAdobe AfterEffects CS6を使っていました。

また、DVDではなく直接動画ファイルとして納品することもあり、その際にはレンダリング時の設定H.264(mp4)形式に書き出していました。

そしてつい先日、CS6を卒業してCCを購入し、CS6と同じ感覚で制作物をH.264形式に書き出そうとしたのですがプルダウンにはH.264(mp4)での書き出し項目が存在していませんでした・・・。orz

なんと、AfterEffects CC以降になってから H.264(mp4)形式でのレンダリングがAfterEffects単体では出来なくなっていたのです!!

じゃあどうすれば?

Adobe Media Encoder

CC以降でH.264形式で書き出したい場合は、Adobe Media Encoderというアプリケーションを使用します。
これはAfter EffectsPremiere Pro等で作成したプロジェクトを様々な形式の動画ファイルに書き出してくれます。
前述の通り、CC以降ではデフォルトでは特定の形式にしか書き出すことが出来ないので、とても重宝します!

Adobe Media Encoder は、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Audition、Adobe Character Animator および Adobe Prelude のエンコーディングエンジンとして機能します。Adobe Media Encoder をスタンドアロンのエンコーダーとして使用することもできます。

手順

Adobe Media Encoderのインストール

まずはAdobe Media Encoderインストールします。

Adobe Creative Cloudデスクトップを開き、Appsタブを選択し、Media Encoder CCインストールボタンをクリックします。

そうするとインストールが始まるので、完了するまで待ちましょう。

インストールが完了した事を確認出来たらOKです。
※まだMedia Encoderは起動しなくて良いです。

スポンサーリンク

336×280




After EffectsからMedia Encoderへの連携

次にAfter EffectsからMedia Encoderへの書き出し連携を行います。

メニュー>コンポジション>Adobe Media Encoder キューに追加をクリックします。

以下のようなエラーダイアログが出る場合、After EffectsのバージョンとAdobe Media Encoderのバージョンが一致していない可能性があるので、確認の上アンインストール&再インストールをしてみてください。

Adobe Media Encoderでの出力

正常にキュー追加が出来ると、自動でAdobe Media Encoderが起動します。

形式もデフォルトでH.264に設定されているので、問題がなければ実行ボタン(緑右三角)をクリックします。

そうすると、エンコーディングが始まるので完了するまでしばらく待ちましょう♪

確認

エンコーディングが正常終了していると、mp4形式の動画ファイルが生成されています。

ちなみに、今回はprofileHD.mov(35.03GB)coupleHD.mov(19.21GB)をまとめたH264.mp4(698.2MB)という動画を作ったのですが、圧縮率が凄まじいことが分かりますね。。。

もちろん、画質の劣化質が落ちているわけでもありません。素晴らしい!!

終わりに

いかがだったでしょうか?
ファイルの書き出し形式を変えるだけで、ファイルサイズにかなりの差が出ることが分かりました。

QuickTime形式が容量でかすぎるという点もありますが、そのまま保存しているとハードディスクの容量を無駄に取ってしまうので、皆さんもどんどんAdobe Media Encoderを使ってH.264形式で書き出すようにしていきましょう♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist