素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

【運用改善への近道】LogbackでAWSのCloudWatchに転送する方法【com.j256.cloudwatchlogbackappender】

投稿日:

スポンサーリンク

336×280




CloudWatchにログを転送しよう

近年のサーバーシステムは、オンプレでサーバー構築をする事はほとんど無くなりました

そして、クラウドシステムとしてはAWSかGCPの二択になると思います。

今回はcloudwatch-logback-appenderを利用して、AWSのCloudWatchシステムログを転送する方法をご紹介します。

CloudWatchを利用する事で、ログ解析が格段に行いやすくなるのでオススメです♪

手順

前提

まずはAWSでCloudWatchへの権限があるIAMを用意しておいてください。

そのユーザーのアクセスキーとシークレットキーを利用します。

依存関係の追加

まずはgradleの依存関係を追加しましょう。

logbackの設定を修正

次にlogback-spring.xmlCloudWatch用の設定を追加します。

確認

設定はこれだけです。

では実際に、サーバーを起動してリクエストを投げてみましょう。

正常にCloudWatchに転送されていますね。

また、以前埋め込んだX-Request-Idも正常に出力されているので、レスポンスヘッダーに含まれているx-request-idで絞り込む事で対象のログを絞り込めるのでとても調査がしやすいです!

参考

AWSをはじめよう ~AWSによる環境構築を1から10まで~

日清 カップヌードル 77g×20個

終わりに

以上のように、ライブラリを追加してちょっとした設定を追加するだけでとても簡単にCloudWatchにログを転送する事が出来ました。

AWS環境でシステムを運用する場合は運用がとても便利になるので、是非試してみてください♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist