素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

副業

【2018年3月版】新SearchConsolesは使い勝手が尋常じゃないほど進化していた

投稿日: 2018年3月29日
最終更新日:

スポンサーリンク

336×280




新SearchConsole!

ある日お知らせが

先日、いつも通り記事を投稿したのでGoogleSearchConsoleからサイトマップを送信しようとログインしたら以下のようなメッセージが表示されていました。

機能やUIが一新

Googleは2018年に新SearchConsoleβ版を全ユーザーに公開しました。
新SearchConsoleについては公式以下のように広報されています。

この度、Search Console のすべてのユーザーのみなさまにこのベータ版をご利用いただけるようになりましたことをお知らせします。どなたでも Google 検索上のウェブサイトの掲載状況を最適化する、よりシンプルになったこのプロセスを試すことができるようになります。新しい機能には、検索パフォーマンス、インデックス カバレッジ、AMP ステータス、および Job Posting のレポートが含まれます。新しい Search Console をご利用いただく準備ができましたら、メッセージをお送りし、お知らせします。

UIも今風に改善され、とても見やすくなっています。

また、現在利用可能な機能として、インデックス カバレッジ検索パフォーマンスという後述の2機能が追加になっています。

まだまだ機能は追加されていく

現在はまだβ版ということなので、利用できる機能は限られていますが、今後様々な機能が追加されていくようですので、間違いなく今まで以上に使いやすくなる事は確実でしょう。

旧SearchConsoleお知らせが届いている方であれば、特に設定を変える事無く以下の手順で利用を開始する事が可能です。

手順

前提

Point

  • 旧SearchConsole導入済み

新SearchConsoleの有効化

旧SearchConsoleにログインしたら、新しいSearchConsoleを試すリンクをクリックします。

するとGoogleSearchConsoleのベータ版画面が開きます。
似た目はGoogleAnalyticsにかなり近づきましたね。いい感じです♪

新機能

インデックス カバレッジ

インデックス カバレッジ機能とは、サイトページのインデックス状況を確認することが出来る機能です。

旧SearchConsoleでは、インデックスに送信した件数実際に登録された件数しか確認出来ませんでした。

一方で、新SearchConsoleではエラー有効除外などの細かい区分がされてカウントされます。

また、除外の中でもより細かく分離分けされており、

さらに、理由ごと該当するURLまで確認することが可能になっています!!

個人的にこれは神改善だと思っています。。。笑

旧SeachConsoleでは、サイトマップを送信しても、登録件数が一致せずどのページがおかしいか?という点がわかりずらかったですからねorz

検索パフォーマンス

もう一つの新機能は検索パフォーマンス機能です。

こちらはGoogle検索でのパフォーマンスを分析する機能となっています。
検索結果のフィルタリング比較をする事で、ユーザーの検索パターンを調査することが可能になっています。

こちらは旧SearchConsoleの検索アナリティクスに近い機能となっていますが、UI断然見やすくなっているのと、条件指定のカスタマイズ性がかなり上がっています!!

旧SearchConsole

新SearchConsole

終わりに

新SearchConsoleはこれからの拡張による使いやすさの向上がとても期待出来ると思っています。

目新しい機能が追加になったら、本ブログでも紹介していこうと思っていますので皆さんも一緒に楽しみにしましょう♪

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

副業, , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist