素敵なサムシングを独断と偏見で一方的に紹介するブログ(´・ω・`)

IT

投稿日:

【違法ダウンロードダメ絶対】スーファミやGBAのロムをレトロフリークで吸い出してみた【エミュレーター】

YouTube

スポンサーリンク

336×280




自分でromを吸い出そう

レトロフリークなら吸い出し可能

以前、姉妹ブログにてレトロフリークを購入したので使い方についてご紹介しました。

【スーファミ/ゲームボーイアドバンスetc…】レトロフリークがROM吸い出しも出来てエミュレーターとしても使える神ゲームハードだった件【平成ほいほい】 

今回はレトロフリークを用いてカートリッジからロムを吸い出す方法をご紹介しようと思います。

また、YouTubeにてレトロゲームを取り扱っている以上、違法ダウンロードの指摘が来そうな気がしたので保身のためと備忘録のためも兼ねておりますので、何卒ご理解を頂ければなと思いますorz

違法ダウンロードに注意

ロムデータはインターネット上にて配布・ダウンロードされているものもありますが、それらをダウンロードしてしまうと違法行為となってしまう可能性が高いです!

また、自前で吸い出す場合も吸い出した後にカートリッジ等は手元に保管しておく必要があります。

他にも気をつけるべきポイントは多々ありますがこちらで詳しくは説明しませんのでご自身で調べた上で判断をお願いします!

あくまで私的利用の範囲で楽しみましょう。

また、この記事を参考にする場合にも自己責任での作業をお願い致します。

手順

必要なもの

こちらの作業を進めるには以下を用意する必要があります

準備するもの

  • レトロフリーク本体
  • 16GB以上のmicroSDカード
  • microSDカードリーダー
  • retrofd(後述)
  • Win32 Disk Imager(後述)

前提

今回紹介する方法についてはレトロフリーク本体のバージョンが2.7である必要があります。

レトロフリークのアップデート方法

購入した時点のままだと1.0だったり1.5だったりする必要があるので各自アップデート作業 をお願いします。

retrofdのダウンロード

まずコチラ のサイトからretrofdをダウンロードしましょう。

こちらには用意したSDカードに合わせてダウンロードするものを選ぶ必要があります。

64GBの場合はretrofd_v1.0_32GB.zip32GBの場合はretrofd_v1.0_16GB.zip16GBの場合はretrofd_v1.0_8GB.zipのように一つ下のサイズにzipファイルをダウンロードする必要があるので注意しましょう。

ダウンロードしたzipを解凍すると以下のようになっています。

Win32 Disk Imagerのダウンロード

次にWin32 Disk Imagerをコチラ ダウンロードしましょう。


Win32 Disk Imagerの起動

ダウンロードが完了したら、exeファイルを起動しImage Filerfd.imgDevicemicroSDカードを指定しWriteボタンを押下しましょう。
microSDカードのドライブは環境によって異なるので各自確認をお願いします。

少し時間がかかりますが、以下のようなダイアログが出れば完了です。

microSDカードには以下のようなフォルダとファイルが生成されていればOKです。

microSDカードの容量が減るのは正しい

ちなみに作業後はmicroSDカードの容量が減ってるような表記になりますが正しいので慌てないようにしましょう!

retrofd.cfgファイルの修正

次にretrofd.cfgファイルを修正しましょう。

6行目のnoyesに編集して保存します。

terapadなどのエディターを使おう

ファイルを編集する際に文字コード自動変更機能があるエディタで保存すると、正常に動かなくなる場合があります。

無難にterapad辺りを使うことをお勧めします。

rfd_logcd.shの編集

次にコチラ からrfd_logcd_20190628.shをダウンロードし、rfd_logcd.shにリネームして配置してください。(同名のファイルがあった場合は上書き保存)

そして、ファイルの中のsrcd=/mnt/ram/logsrcd=/mnt/ramに編集して保存します。

これで準備は完了です。

レトロフリークで吸い出し

レトロフリークの電源を落とし、microSDカードをレトロフリークに差し込んでから再度電源を入れましょう。

その状態でカートリッジを差し込みmicroSdカードへのインストールを行い、正常に吸い出しが完了すると画面上部にバグのような帯が表示されます。

その状態でゲームを数秒プレイしてからmicroSDカードを抜き取り、PC側で確認すると以下のように{ゲーム名}-decrypted.SFCというファイルが生成されます。

これが吸い出したロムファイルとなるので、こちらをエミュレーターで読み込むことで無事動作することが出来ました。

なお、吸い出しに失敗することが多々あり、dump.SFCファイルはその名残のようです。

その場合は何回か消してインストールを繰り返せば吸い出しが出来ました。

本日のオススメ商品

終わりに

以上のようにレトロフリークを持っていればゲームプレイから吸い出しまで行う事が出来ました。

とはいえ、エミュレーターで遊ぶ行為は一歩間違えれば違法行為と間違われてしまう可能性がある行為なので、自己責任の上法律を破らない範囲で楽しむようにしましょう!

336×280




336×280




CATEGORIES & TAGS

IT, , , , , , , , , , , , , ,

blogenist

Author: blogenist

関連記事

YouTube

お名前.comサイドバー